事業内容

非破壊検査

非破壊検査トップへ戻る

アコーステック・エミッション(AE)

image
  • 当社では、非破壊検査技術の1手法であるAE試験の計測・解析サービスとして、CFRP等複合材料の強度・健全性評価や石油タンクの底部腐食評価を行っています。
  • AEとは、材料に外力を加えたときに生じる、材料の変形やきずの進展に伴い超音波領域の弾性波が発生する事象をいい、その弾性波(AE波)を計測し、材料の健全性や強度などを評価する技術をAE試験といいます。
  • AE試験は、複合材料、セラミックス、岩盤・コンクリートなどの材料評価、金属やCFRP製圧力容器の耐圧試験、機械の状態監視、電池の開発や腐食評価における電気化学的反応のモニタリング、植物の成長モニタリングなど、幅広い分野で適用されております。
image

健全時は、過去の最大荷重に達するまでAEが発生せず、カイザー効果が成立します。一度、損傷が生じた材料はカイザー効果が成立しなくなり、健全性が失われたことが確認できます。

image

固定屋根式タンクでは、屋根内面で結露した液滴が貯蔵品に落下することで液滴ノイズが発生します。IICでは、3D位置標定や波形自動識別の技術を駆使しノイズを除去することで信頼性の高いデータを提供します。

  • CFRPの強度・健全性評価
    近年、軽量で強度の高い材料としてCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が飛行機や自動車など幅広い分野で使用されています。CFRPの材料試験にAE計測を併用することで、剥離や素線の断線等破壊過程で生じる現象を音響的に把握することが可能となります。また、AE計測では、「健全な材料は一度加えた荷重に達するまでAEを発生しない」という現象(カイザー効果)を利用し、材料の健全性が保たれているか否かを確認することが可能です。
  • 石油タンクの底部腐食損傷のグローバル診断
    従来、タンク底部の腐食による減肉量は、解放検査における超音波測定等により管理されております。しかしながら、これらの方法では、解放に要する労力・費用がタンクユーザーの大きな負担となっております。AE法によるタンク底部腐食損傷のグローバル診断では、タンクを開放することなく、外部に取り付けたAEセンサにてタンク底部で発生する腐食に伴うAE波を検出し、データベースとの照合で得られる腐食速度により、タンク底板の腐食リスクを診断します。これにより、リスクに応じた保守管理を行うことが可能となります (注: 法定タンクの場合、本手法は消防法で定める検査の代わりとなるものではありません)。

技術資料お問合せ先
技術資料に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記へ御連絡お願いします。

検査事業部 TEL: 045-791-3523 FAX: 045-791-3547
技術的な内容に関するご質問等については、RES Q&A にてお願いします。

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず