事業内容

計測

計測トップへ戻る

センサ溶射技術

「溶射」は、コーティング材料を加熱により溶融もしくは軟化させ、微粒子状にして加速し、被覆対象物表面に衝突させて扁平に潰れた粒子を凝固・堆積させることにより皮膜を形成するコーティング技術の一種です。

ガスタービン等では、タービンや圧縮機の動翼・静翼、ガス通路部品等の健全性を評価するために、ひずみや温度を計測する必要があります。
センサ(ひずみゲージ、熱電対)を計測対象部に溶射し、テレメータ等を利用して高温、高速回転中の計測を行います。

image
  • ジェットエンジン部品へのひずみゲージ及び熱電対溶射
  • 過給機タービン翼へのひずみゲージ溶射
  • 複合材料(CMC)への熱電対溶射
  • その他(ひずみゲージリード線の溶射,スポット溶接等)

技術資料お問合せ先
技術資料に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記へ御連絡お願いします。

営業統括部 TEL: 03-6404-6033 FAX: 03-6404-6044
計測事業部 TEL: 045-791-3518 FAX: 045-791-3542
技術的な内容に関するご質問等については、RES Q&A にてお願いします。

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず