事業内容

材料試験

材料試験トップへ戻る

材料試験の紹介

材料特性を調べることの重要性

機械試験、物性計測、化学的特性

  • 工業製品を製造する場合には、素材の材料特性を調べておく必要があります。
  • 素材の特性を知らずに物を作れば必ずトラブルになります。

例えば、水に溶ける糸で水着を造ればどうなるでしょうか?

  • 材料の物性、機械的特性のデータは設計には必要不可欠な知識です。
  • 製品のコストダウンをおこなうには、まず材料から。その時には材料の特性を知っておくことは、必要条件です。
  • 材料にも寿命があります。したがって、製品は部品の寿命で耐用年数が決まります。材料の寿命の把握は重要です。

機械にも寿命がある

  • 環境が変化すれば材料特性も変化します。日本で使用する場合、熱帯で使用する場合、北極で使用する場合など環境を考慮した材料特性の把握が必要です。
    (温度変化、湿度変化、大気・雰囲気ガス変化)
image

1000kN万能引張試験機外観写真

IIC (株式会社 IHI 検査計測) 計測事業部材料試験部では上記のような課題に対して、工業用材料の各種特性試験をサービスしています。まずはお問い合わせを。

技術資料お問合せ先
技術資料に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記へ御連絡お願いします。

営業統括部 TEL: 03-6404-6033 FAX: 03-6404-6044
計測事業部 TEL: 045-791-3519 FAX: 045-791-3542
技術的な内容に関するご質問等については、RES Q&A にてお願いします。

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず