事業内容

材料試験

材料試験トップへ戻る

機械試験 - 極低温試験

  • ロケットの燃料(液体水素、液体酸素)や液化天然ガス(LNG)の温度は -150℃以下の極低温です。
  • これらの液体を入れるタンクは極低温中の環境で使用されます。通常の鉄鋼材料は低温になれば脆化します。
  • 通常は、アルミ材、9%Ni鋼など延性が低下しない材料を採用していますが、その環境で使われる材料の極低温での材料強度特性が必要です。
  • 写真は -196℃の液体チッソ雰囲気での引張試験です。
  • 当社は低温環境下の材料試験を実施しています。
image

液体水素中での引張試験
(白い煙は低温による水蒸気)

image

国産ロケット打ち上げの瞬間
(白い煙は噴射燃焼ガス、JAXA資料)

技術資料お問合せ先
技術資料に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記へ御連絡お願いします。

営業統括部 TEL: 03-6404-6033 FAX: 03-6404-6044
計測事業部 TEL: 045-791-3519 FAX: 045-791-3542
技術的な内容に関するご質問等については、RES Q&A にてお願いします。

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず