事業内容

材料試験

材料試験トップへ戻る

機械試験 - 材木の圧縮試験、強度試験

特殊機械試験として材木の強度評価試験を実施した例です。

  • 試験目的 1
    木くずを石炭に変わる燃料として使用する可能性を検討するための粉砕試験の基礎データを収集します。
  • 試験目的 2
    重量物設置用枕木の耐荷重を計測するための圧縮強度試験。種々の材木を破壊し、耐許容荷重を明らかにしました。

当材料試験部では、どのような材料でも引張、圧縮、曲げなどの各種試験を実施して、ご要望の材料データを報告します。 

50kNオートグラフ試験機使用

  • 材木は木目の方向によって荷重 - 変位曲線は大きく変化します。
  • 同じ材木でも生育環境によって強度は大きく変化します。
  • 材木は複合材料と考えるのが良い。
image

1000kN万能試験機使用

  • 160cm角の大きな枕木材の圧縮試験例
  • 写真のように材木はバラバラになるのではなく、折れる、割れるような破損形態である。
  • 破損する時には音を出しながら破壊する。
  • 弾性変化は小さく、内部組織が崩壊しながら変形が進む。一度破損すると、当然のことながら復旧はしない。
  • 試験片サイズにも依存し、試験体が大きくなると耐荷重はわずかに減少する。
image

技術資料お問合せ先
技術資料に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記へ御連絡お願いします。

営業統括部 TEL: 03-6404-6033 FAX: 03-6404-6044
計測事業部 TEL: 045-791-3519 FAX: 045-791-3542
技術的な内容に関するご質問等については、RES Q&A にてお願いします。

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず