事業内容

自動車関連環境試験設備

自動車関連環境試験設備トップへ戻る

キャニスターローディング装置

キャニスターの性能は飛躍的に向上し、今後はいかに軽量かつコンパクトに効率よくガソリンペーパーをキャッチできるか、また、耐久面での信頼が課題になっています。
このキャニスターの性能評価装置として開発したのが、キャニスターローディング装置です。ブタンとN2を設定した流量にてキャニスターへ供給し、トラップキャニスターにて2gをキャッチし、これを設定回数繰り返すBWC試験と、ブタンを設定した積算流量だけ流し、これを設定回数繰り返すBWC1.5倍ロード試験を行うことができます。
また、キャニスターの準備としてロード、パージを単独で行うこともできます。パージにはエジェクターを使用し、実車同様の負圧、設定流量にて行います。構成内容は変わりませんが、小スペースで使用できる1ch用と効率よく使用できる2ch用の2種類をラインナップしています。
データー出力は各瞬時流量、ブタン積算値、メイン、トラップ重量を出力します。オプションとしてパソコンによるデーター収集ソフトも準備しています。
安全対策として、既設もしくは新規排気ダクトを装置に接続することにより、装置内及びキャニスター設置BOX内を常にパージしています。仮に装置内、キャニスター接続ポートよりガス漏れが発生した場合はガス検知器によりいち早く検知します。
この設備はブタンでのローディングですが、GWCとしてガソリンペーパーによるローディング装置も準備しています。

システムフロー(2ch用)

image

image

装置外観

image

制御操作盤

image

制御機器

image

制御盤内部

お問い合せ先
自動車関連環境試験設備に関するご質問、お問い合せ事項がございましたら、
下記メールフォームよりお問い合わせください。
電話・FAXの場合には下記までお問い合わせください。
ジャプス事業部 TEL: 0565-86-1501 FAX: 0565-86-1502

お問い合わせフォーム

株式会社 IHI 検査計測 http://www.iic-hq.co.jp/
許可なく本資料の転載利用を禁ず